自動車点検をしっかり行いましょう

自動車点検は期限を守ってしっかり受けましょう。期限が過ぎると面倒なことに… - 車検の時に消耗品の交換時期を見極め交換しよう

車検の時に消耗品の交換時期を見極め交換しよう

自動車は精密機械であると同時に消耗品となる部品も多く使用しています。
車検の時に、消耗品を交換すると言う事は良くあり、その代表的な物としてプラグやオイル、タイヤ等が挙げられます。
これらの消耗品の交換時期はどのようになっているのでしょうか。

先ずは消耗品の交換時期を知っておこう

消耗品の交換時期を知っておく事で、悪徳業者に騙されたりする事が無くなります。
また、消耗品が故障する前に予防的に交換等をしておく事で、車検の費用も安くする事が可能になるのです。

代表的な消耗品の交換時期の目安

・エンジンオイル
5000キロまたは6か月程度を目安にして交換します。
エンジンオイルの汚れ具合は素人でも確認する事が出来ますので、ガソリンスタンドで給油した時等についでにチェックしておくと良いでしょう。
・ブレーキフルード
これは車検の時に必ず交換するものです。
ですので、必ず車検を受けるようにする事が大きな故障を防ぐ方法となります。
・タイヤ
タイヤの使用限界は溝の深さが1.6ミリとされています。
溝が残っていてもおよそ5年を経過していたり、溝が2ミリ以下になった場合には交換した方が良いとされています。
・ワイパーブレードゴム
特別に故障しない限り、およそ2年程度で交換する事が望ましいと言われています。
何らかの原因で故障した際にはその都度交換します。
・マフラー
排気音が大きくうるさく感じたり、穴が開いたときに交換します。
滅多な事では交換しない物ですが、錆びによって穴が開くこともあります。

関連する記事

Copyright(C)2017 自動車点検をしっかり行いましょう All Rights Reserved.